読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんどん着々アニメ

アニメの感想メイン。時々考察・その他雑記なブログです。

『少女たちは荒野を目指す』8話 感想 え?黒田さんなにしてるんですか!

少女たちは荒野を目指す 2016冬アニメ

f:id:ryumesa:20160303234358j:plain
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

*ネタバレ注意*

この感想記事は最新話(9話)のものではなく、8話の感想記事です。

あらすじ

クリックであらすじ表示

表示する


なかなか脚本制作が進まない北条文太郎に、黒田砂雪はついにカンヅメを宣告した。
黒田以外の3人も集まり、文太郎は脚本を書き上げるまでの間、家から一歩も出られない状態となる。
色々な手で、黒田達は文太郎のやる気をアップさせようとする。文太郎もなんとか書こうと奮闘するが、疲労がたまり、行き詰まってしまう。
リフレッシュのために風呂に入りたいと言う文太郎だが、黒田はこれを許さない。そんな黒田に、ゲームが延期になってもいいから文太郎に楽をさせてあげたいと夕夏は主張する。
あくまでゲームの完成にこだわる黒田だったが、文太郎が風呂に入ることは認めたのだった。
その後、文太郎は夕夏との会話の中で、改めて自分に期待する皆の気持ちを感じたのか、心機一転脚本を勢い良く書きだす。
そうしてなんとか文太郎は、脚本を書き上げたのだった。

唐突メイド

今回は文太郎がカンヅメ状態で脚本を書かされるという話でした。前半はギャグ成分多めでしたね。

うぐいすは文太郎に安産御守を渡していました。それじゃないよ!
確かに作品を生み出すという意味では別に間違っていないのかもしれませんけどね。

f:id:ryumesa:20160303234433j:plain

そして唐突なメイド服。

アトムまでメイド服を着ている上に、一人だけなんか黒いタイツ履いてます。
なにそのこだわり。

f:id:ryumesa:20160303234508j:plain

そんなアトムがメイドサービスをしようと文太郎に近づき、二人が触れそうなシーン。その後ろでテルハは静かに興奮していました。
三次元のBLもいけるんですかテルハさん! というか描写細かいな!



黒田さんも一人だけメイド長風の帽子をかぶっていましたね。かわいい。

そんな黒田さんですが、魔法の言葉を送られた相手(文太郎)は泣いてしまうわ、いつの間にか食事に元気になる白い粉を混ぜ込んでいるわと、危険極まりないメイドです。

いつも以上に変人っぷりを発揮していますね。きっと寝不足なんでしょう。

問題のシーン!

皆が寝ている中、一人だけ起きだして、シナリオを書き上げた文太郎のもとに向かう黒田さん。

さすがのヒロイン力です。
これは夕夏は報われないだろうな~なんて思っていたらコレです。

f:id:ryumesa:20160303234541j:plain


黒田さんなにやってるんですか!

黒田流のご褒美ということでしょうか?

見ている時はただただ混乱。

いまだにまだまだ困惑中。



その後、文太郎は皆からご褒美に巨大ヨーグルを受け取ります。

でもそいつもうご褒美貰ってるから! もういらないんじゃないかな!

目標120Kb

文太郎はこのカンヅメ中の1日強で120Kb分のシナリオを書き上げたようです。すごいな。
この感想記事自体、あらすじ含めると、約1000文字強ですから約2Kb分です。120Kbというとこの60倍。もはや想像もつきません。


そんな文太郎の机の本棚にはシナリオの書き方についての本が置いてありましたね。
文太郎はきっちり、シナリオ作りを理論的に勉強した上で書いているようです。

f:id:ryumesa:20160304012006j:plain

実は私、このアニメの1話を見た段階では、シナリオ構成の雑学なんかを織り交ぜた「へぇ~」となるようなアニメが見られるのかなーと期待していました。しかし、これまでのところそういった雑学はまったくありませんでしたね。

あくまで主人公達の青春物語がメイン。

そういう意味では、今回は物凄く物語が動いた回といえるでしょう。

ということで、文太郎達それぞれの関係がどう変わっていくのか? 次回も楽しみ!

<関連記事>
『少女たちは荒野を目指す』7話 感想 この青春物語、見ててつらい。 - どんどん着々アニメ

『少女たちは荒野を目指す』6話 感想と考察 砂雪とテルハの関係 - どんどん着々アニメ

少女たちは荒野を目指す カテゴリーの記事一覧 - どんどん着々アニメ