読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんどん着々アニメ

アニメの感想メイン。時々考察・その他雑記なブログです。

緻密な脚本が楽しめる!おすすめ密室劇・会話劇アニメランキング

おすすめアニメ 雑記

密室劇・会話劇アニメベスト8!

基本的にワンシチュエーションで展開される密室劇。秀逸なドラマと会話が見所ですよね。映画『十二人の怒れる男』やこれをモデルとした『12人の優しい日本人』で有名ですが、実は! アニメにも密室劇があります。
ということで、おすすめ密室劇・会話劇アニメを、1話単位のランキング形式・詳細なネタバレ無しで紹介していきたいと思います。

第1位『四畳半神話大系』第10話:四畳半主義者

f:id:ryumesa:20160208202452j:plain:h220
四畳半神話大系

京都を舞台に薔薇色のキャンパスライフに憧れる「私」の生活が描かれる、基本1話完結型のマルチエンディングストーリーのアニメです。
今回取り上げた第10話に登場するキャラクターは、なんと主人公である「わたし」(CV:浅沼晋太郎)一人のみ。この「わたし」が迷い込んでしまった、同じような部屋が延々と続く世界からの脱出劇が描かれます。

他のキャラが登場しませんので、当然「わたし」のモノローグだけの30分。この1話それ自体も面白いのですが、それまでの伏線を一気に回収していくところも見所です。

第2位『氷菓』第19話:心当たりのある者は

f:id:ryumesa:20160208202451j:plain:h220
氷菓

男子高校生を主人公とする、青春学園ミステリです。
第19話は、部室にいる主人公達二人が偶然聞いた
「十月三十一日、駅前の功文堂で買い物をした心当たりのある者は、 至急、職員室柴崎のところまで来なさい」
という校内放送のみから、その意図を推論していくというお話です。いわゆる「九マイルは遠すぎる」ゲームですね。最後には意外な真相が明らかに!?
この回だけ見ても楽しめると思います。

第3位『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』第9話:ネットに棲む男

f:id:ryumesa:20160208202455j:plain:h220
攻殻機動隊 S.A.C』

対犯罪組織である公安9課、通称「攻殻機動隊」を主軸に据えたSFアニメです。言わずと知れた名作アニメですね。
第9話では丸々、未来のネットチャットルームでの討論が描かれます。話自体が大きく動くわけでは無いですが、それまでのエピソードに対する、様々な角度からの意見・解釈がされ、新たな謎も提示されるなど、理解の助けになる回であり、映像的にも興味深い回です。

第4位『SHIROBAKO』第14話:仁義なきオーディション会議!

f:id:ryumesa:20160209203621j:plain:h220
『SHIROBAKO』

アニメの制作会社を舞台としたお仕事アニメです。
第14話ではアニメの声優を決めるための会議が延々と行われます。喋るのはほとんどオッサンキャラですが、それぞれの思惑が絡まり、紆余曲折を経る会議、見ていて楽しいです!

第5位『ヒストリー機関』

f:id:ryumesa:20160208202454j:plain:h220
『ヒストリー機関』

世界が滅び、人類はシェルターの中で生活している未来。世界滅亡の原因について過去の記録映像から推測・討論するというお話です。
7分ほどのアニメですが、ギャグメインで最後はきっちり落としてくれます。そして、10人程のキャラ全員を山寺宏一さん一人で演じ分けているのも見所。

第6位『ノラゲキ!

f:id:ryumesa:20160208202449p:plain:h220
ノラゲキ!

謎の閉鎖空間に閉じ込められた5人(と1匹)がなんとか脱出しようと奮闘するお話です。30分程度で完結と短いながらも、緻密で壮大な物語が展開されます。OVAです。

第7位『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』第21話:恋物語 ひたぎエンド 其ノ壹

f:id:ryumesa:20160209203603j:plain:h220
恋物語 其ノ壱』

物語シリーズはもともと会話の多いアニメですが、この恋物語その1は、女子高生と中年オッサン詐欺師が喫茶店の一画で話しているだけで終わります。しかし、そこには深いドラマが!

第8位『てさぐれ!部活もの』

f:id:ryumesa:20160208202447j:plain:h220
『てさぐれ!部活もの』

1話15分のショートアニメですが、その大部分は主人公達が部室で、部活について語り合うというアニメです。毎回担当声優によるアドリブがあるのが特徴。

最後に

いかがでしょうか。ファンタジー、SF、ミステリー、コメディが混在するカオスなランキングですが、いずれの作品も、脚本が秀逸で、声優さん達の実力がいかんなく発揮されている素晴らしい作品だと思います。ぜひ見てみてください。

ちなみに『ヒストリー機関』は日本アニメ(ーター)見本市関連作品で、現在は視聴することが出来ません。ですが、不定期的に公式サイトで無料公開しているようなので、興味があればチェックしてみてください。