読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんどん着々アニメ

アニメの感想メイン。時々考察・その他雑記なブログです。

Re:ゼロから始める異世界生活 16話 ネタバレ感想 スバルの試練

f:id:ryumesa:20160718152431j:plain

© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

リゼロ第十六話、サブタイは「豚の欲望」です。
闘志みなぎらせるスバルですが、今回もまたあちこちでメッタメタに。王選候補者たちについても掘り下げながら、スバルの内面も明らかにしていく、という素晴らしい回だったなと思います。
以下ネタバレ含む感想です。
*ネタバレ注意*

取引交渉① ~クルシュ~

f:id:ryumesa:20160718152539j:plain

魔女教を排除するのは自分一人の力では無理だと悟ったスバル。さっそくクルシュに助力を頼みに行きました。

クルシュが、エミリアを助ける代わりに求めたのは、エミリア陣営が王選から退くこと。本当にそれで良いのかとクルシュはスバルへたずねていました。

これにスバルは頷きますが、結局クルシュは助けることを拒否。

おそらく、クルシュのスバルへの「本当にそれで良いのか」という疑問は、”エミリアの騎士”としてのスバルを試すための質問だったのでしょう。
その質問に対して、後ほどクルシュが指摘するように、”エミリアを救うため”ではなく、あくまで己の屈辱を晴らすため、魔女教への憎しみをぶつけるために、エミリア陣営敗退に同意したスバルが、クルシュは許せなかったのではないかと思います。

クルシュに”狂人”とまで言われるスバルですが、実際今のスバルは騎士失格といっても間違いはないでしょう。

そして取引としても、クルシュの反論が正論すぎる!
確かにスバルに協力しなかったとしても、エミリアが死ぬとすれば王選候補者は減るし、領地の問題はクルシュではなくその領主が解決すべきです(この点は政治制度がわからないから断定は出来ないけど)。

クルシュの利益となることをスバルは用意できるのでしょうか…。

取引交渉② ~プリシラ~

f:id:ryumesa:20160718152555j:plain

クルシュに断られ、ラインハルトにも頼れないと知ったスバルが次に訪れたのはプリシラ。

なんだかやけにエロい格好をしていることはおいておいて、初っ端から相談にきたスバルを「死んだほうがいくらかマシ」と、キツイ一言を浴びせるプリシラ。

確かにエミリアが窮地に立っていることを、いうなれば敵である他の王選候補者に相談するなんて「考えが浅い」と言われるのもしょうがないことかもしれません。

でもスバルには他に頼れそうなところないもんね…。プリシラに相談に来ること自体はそこまで悪い選択とは思えないです。


そしてスバルに足を舐めれば考えてやると言うプリシラ
それに従い、喜んで仕方なく足を舐めようとするスバル。
しかし、プリシラは、舐めようとするスバルを蹴飛ばし、激昂して、豚呼ばわりします。やっぱキモいかも! と心変わりしたのか。


これもやはり、クルシュの質問と同様に、騎士としてのスバルを試したの・・・かな?
主人ではない者、さらに言えば主人であるエミリアを小馬鹿にするような物言いをするプリシラへかしずくスバルが許せなかったとかでしょうか。
正直プリシラの考えがよくわかりませんが、下手に出て従うのではなく、対等な立場で交渉してみせろ、ということかな。

それにしても怒った時のプリシラの顔超怖い! これは足舐めるから許して! ってなりますね。

取引交渉③ ~アナスタシア~

f:id:ryumesa:20160718152723j:plain

次に交渉するのはアナスタシア。
個人的に王選候補者の中で一番腹黒そうな印象!

そして実際圧倒的な腹黒さをしていて、スバルはまさにアナスタシアの手のひらの上で踊らされた格好に。

ここでもやはり、「欲しい欲しいばっかり」と指摘されるスバル。
アナスタシアはやっていることはともかく、言ってることは筋は通っています。

特に「やらかしたことは絶対に消えてなくならんよ」というのは、死に戻ればやり直せると思っているスバルにとっては痛い指摘でしょうね。

狂気のスバル

f:id:ryumesa:20160718152847j:plain

今回三人の候補者との交渉において、それぞれ苦汁をなめる結末となってしまったスバル。
なぜそんなことになったかといえば、端的に言って彼が自分の思い、自分の正しさに固執しすぎているからでしょう。

いままで、自分の行いひとつで人の生死まで変わる様を見てきたわけですから、そうなるのも無理はない気もしますけどね…。
しかし、やはりそれは傲慢で怠惰だと言われるのも仕方ないです。

いうなれば今回は、3つの試練を見事に全落ちしたスバル。早く正気に戻って!

白い霧

f:id:ryumesa:20160718152757j:plain

結局助けは得られず、竜車に乗って目指すはロズワール領。
再び登場したオットーその他商人たちを買収し、竜車を複数従えています。

しかし、その道中、突然白い霧が出てきて、巨大な怪物に遭遇・・・というところで今回は終了。

この白い霧については、第14話でも触れていました。レムいわく、霧を生むのは”ハクゲイ(白鯨?)”だそうです。目の感じとかは巨大な白蛇という感じもしましたけどね。
スバルは道中の巨大樹を初めてみるようでしたし、前回までロズワール領へ向かうときに使っていた道ではなく、より近道である街道を通っているということですね。

そういえばあの巨大樹はOPに出てくる樹と同じものでした。

ちなみに第14話でレムは、白鯨に万が一遭遇したら命はないと言い切ってます。
・・・というわけで、次回は初っ端からスバルの死が待ち受けてそうですが、それでもやっぱり楽しみです。はやくみたい。


<関連記事>
dondontyakutyaku.hatenablog.com

dondontyakutyaku.hatenablog.com

Re:ゼロから始める異世界生活 カテゴリーの記事一覧 - どんどん着々アニメ