どんどん着々アニメ

アニメの感想メイン。時々考察・その他雑記なブログです。

『だがしかし』1話 感想 目つき悪い!でもかわいい!

 

*ネタバレ注意*

 

あらすじ

駄菓子屋の息子である鹿田ココノツは、父親に駄菓子屋を継いで欲しいと頼まれるも、断って漫画家を目指していた。そんなココノツのところに枝垂ほたるという少女が現れた。なんだかんだあって、彼女はココノツに駄菓子屋を継がせようと奮闘し始めたのだった。
 

テンポの良い、ギャグと表情変化

タイトル通り、駄菓子を題材にした日常系ギャグなのだと思います。
シリアスそうな口調から一気にギャグになるというのが多く使われていて、見ていて爽快ですらあります。また、殆どのキャラ、特にヒロインであるホタルがとても表情豊かで良い意味で裏切られました。
 

お菓子要素

この第1話では、駄菓子は名前だけ出てくるだけで、駄菓子の雑学を絡めたギャグなどもあまりありません。これに関しては2話以降に期待ですね。
ちなみに登場した駄菓子は『うまい棒』『ポテトフライ』『ソーダアイス(ガリガリ君)』『ヤングドーナツ』『コーヒー牛乳キャンディ』です。コーヒー牛乳キャンディだけ見たことがないのですが、有名なんでしょうか?私はライオネスコーヒーキャンディしか思い浮かびませんが。。。
 

目つきの悪さがかわいい!

f:id:ryumesa:20160131110810p:plain

©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子
 
おそらくメインキャラは1話で出揃っているのだと思いますが、みんな目つき悪いです。私的にはこの目付きの悪さもかわいいと思いますし、テンポ良く変わる表情も相まって、見ていてとても楽しいアニメになっていますね。今後に期待です。