読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんどん着々アニメ

アニメの感想メイン。時々考察・その他雑記なブログです。

『灰と幻想のグリムガル』7話 感想 メリイとの関係

f:id:ryumesa:20160225233910j:plain
©2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会

*ネタバレ注意*

あらすじ

クリックであらすじ表示

表示する


ハルヒロ達はメリイの過去をハヤシから教えてもらった。
その過去は非常に重いものだった。そんな過去を背負っているメリイに、どのように接すればよいのか思い悩むハルヒロ達。

後日、いつも通りゴブリン狩りに行った帰り、ハルヒロは自分達パーティも、過去に神官であるマナトを失っていること、そして今自分がどう考えているかをメリイに話す。

それからも、ゴブリン狩りを行い続けるハルヒロ達。

いつの間にか少しずつ、メリイとの距離も縮まったように見えた。

パーティの成長

f:id:ryumesa:20160225233931j:plain

前半では、メリイの過去を聞いた上でハルヒロ達が、メリイに対してどう接するのかを話し合っていました。

ここでハルヒロは、自分が見てなかったのはメリイだけじゃないと気付くことになります。
ハルヒロはリーダーとして着実に成長していっていますね。

しかし、変化が感じられたのはハルヒロだけではありませんでした。

この場面で、シホルは「お互いに優しくなれればいいと思う」と涙ながらに主張しています。以前のシホルであれば、この場でこの主張をすることは難しかったのではないかと思います。

ランタにしても、毒づきながらも最終的にはシホルに対して謝っています。これにはユメ達も驚いていましたね。モグゾーにいたっては「えぇ~・・・」なんて引いてるような声を出していました。

このように、ハルヒロのみならず、マナトの死を経験してのパーティ全体の変化が現れていた、良いシーンだったなと思います。

ついにメリイが!

f:id:ryumesa:20160225233930j:plain

ようやくメリイとハルヒロ達との距離が縮まってきたようですね!

過去が過去だけに、メリイはハルヒロ達と深い関係を作ることを恐れていたのだと思います。
しかし、同じように仲間の死を経験して、つらい思いを抱えているはずのハルヒロ達から、あらためて仲間だと言われ、少しずつ心を開いていったのでしょう。

メリイに対してハルヒロが仲間だと思ってると伝えた後、真っ先にシホルが賛同したのが印象的です。やっぱ変わったよね。

そして、いつの間にか夕飯を一緒に食べるようにまで距離は縮まりました。
できれば、一緒に夕飯を食べに行ようになった所とかをセリフ付きで見たかったのですが、そこは残念。
曲自体は良かったですけどね。

強くなってる!

f:id:ryumesa:20160225233932j:plain

ハルヒロ達は技術的にも強くなっているようです。
リーダーであるハルヒロは、突然光が見えて、それに沿って剣を振るうと大ダメージを与えられるという謎スキルを手に入れたようです。
私は思わず、ブギーポップシリーズのイナズマの能力を思い出しました。あっちは線が見えるというものだったはずですけど似てるよね?



それにしても毎回安定しておもしろいこのアニメ。次回も楽しみ!

<関連記事>
灰と幻想のグリムガル公式が面白い!原作未読なら絶対見るべき - どんどん着々アニメ

『灰と幻想のグリムガル』6話 感想 メリイかわいい!……いや怖い? - どんどん着々アニメ

灰と幻想のグリムガル カテゴリーの記事一覧 - どんどん着々アニメ